2024/06/10 12:00

合鍵から合鍵は作れる?鍵屋が断る理由やスペアキーと合鍵の違い

合鍵から合鍵は作れる?鍵屋が断る理由やスペアキーと合鍵の違い

「鍵を失くした!」そんなトラブルが起こった時にも、合鍵があれば安心です。

ま鍵の紛失に備えて合鍵を作っておくこともオススメですが、鍵を複製で注意したいのは合鍵から合鍵を作れないというケースです。

 

ここでは、鍵屋に合鍵作成を断られてしまうケースや、よくあるその理由をご紹介します。

また、混同しやすい「合鍵」と「スペアキー」の違いについても解説します。

合鍵は変形している恐れがあり合鍵作成できないケースがある

合鍵作成できないケース

早速ですが本題に入りましょう。

鍵屋に合鍵作成を断られるのはどんな場合でしょうか?

合鍵から合鍵を作ろうと鍵屋に依頼すると断られることがある

合鍵作成を断られるケース

鍵屋に作業を断られる可能性があるのは、合鍵から合鍵を作ろうとしたときです。

 

鍵を複製してもらうためには、合鍵ではなく純正キーを持参する必要があります。

錠前メーカーが作成した純正キーは、変形しにくい素材で作られているため、合鍵作成の手本として使用可能なのです。

 

一方、一度複製して作られた合鍵だと、変形や摩耗しやすい素材で作られているため、合鍵からの合鍵作成を断る鍵屋があるのです。

スペアキーから合鍵を作ることは可能

スペアキーを持参して合鍵の作成を依頼した場合はどうでしょうか?

この場合には合鍵を作ってくれます。

合鍵とスペアキーって何が違うの?と疑問をお持ちの方のため、次の項目では違いを解説していきます。

スペアキーと合鍵の違い

スペアキーと合鍵の違い

スペアキーと合鍵、実はこの2つには明確な違いがあります。

合鍵作成を依頼する上では重要なポイントなので、しっかりと押さえておきましょう。

スペアキー:メーカーが作成した鍵で「元鍵」と呼ぶこともある

スペアキーとは

スペアキーとは、錠前メーカーが作成した鍵のことです。

会社によっては、スペアキーのことを「元鍵」や「オリジナルキー」「純正キー」と呼ぶこともあります。

 

スペアキーの表面には「MIWA」や「GOAL」など、錠前メーカーの刻印が施されおり、裏面には10桁くらいの数字が記されています。

裏面にある鍵番号を使って、合鍵作成を依頼することも可能です。

合鍵:スペアキーを手本にして作成された鍵

合鍵とは

対して合鍵は、元鍵やスペアキーから複製した鍵のことです。合鍵、複製キーと呼ぶ場合もあります。

 

合鍵は、地域の鍵屋などがブランクキーと呼ばれる未加工の鍵を削って作ったものです。

ブランクキーは加工される前提の鍵なので、比較的柔らかくて削りやすい「真鍮」という素材が採用しています。

合鍵から合鍵を作れない理由

合鍵から合鍵を作れない理由

ここまで、スペアキーと合鍵の違いについて解説しました。

この違いを踏まえて、合鍵から合鍵を作れない理由をご紹介します。

①合鍵が変形・摩耗している可能性があるから

合鍵が変形・摩耗しているから作れない

ブランクキーの素材には、比較的柔らかい金属の「真鍮」が採用されています。

 

鍵屋が短時間で合鍵を完成させられるメリットがある一方、長期間の使用を経て鍵が変形・摩耗しやすいというデメリットがあります。

変形した合鍵を手本にして新しい合鍵を作ると、鍵穴に合わなくなる恐れがあるため、合鍵から合鍵を作ることを断るケースが増えています。

②鍵が昔より高性能になっているから

鍵が昔より高性能になっている

鍵の性能が高く、合鍵を作れないため作成を断るケースもあります。

たとえば、鍵の表面に丸い凹みがあるディンプルキーは鍵の性能の高い代表的な例です。

 

ギザギザした鍵とは異なり、ディンプルキーは手作業で作ることできません。

また、数ミリ単位の凹みを再現するには、ディンプルキー専用のキーマシンを使う必要があります。

 

キーマシンは数十万円から数百万円もするため、鍵屋によっては設置していないことも多いです。

③鍵メーカーが特許を取得している場合があるから

鍵メーカーが特許を取得している場合

合鍵を作れない理由として3つ目に挙げられるのが特許権に関する理由です。

大手鍵メーカーの中には、錠前や鍵の特許権を自ら持っている会社があり、許可なく合鍵を作ろうとすると、鍵を作った者が罰則を受けることもあります。

 

特殊な鍵であればあるほど、鍵屋さんでは合鍵を作れないのです。

それでも合鍵から合鍵を作りたい!3つの対処法

合鍵から合鍵を作る3つの対処方法

スペアキーがなければ新しい合鍵を作るのは不可能なのでしょうか?

そんな時の解決策や対処法を、3つに分けてご紹介します。

スペアキーを探し出す

最も明快な解決策は、どうにかしてスペアキーを探し出すことです。

建物や自動車ならば引渡し時の書類のどこかに、金庫や机ならば戸棚のどこかに、鍵をしまい込んではいないでしょうか?

錠前やシリンダーごと新しいものに取り換える

スペアキーが見つからない場合、錠前やシリンダーを新しいものに交換するという解決策もあります。

もともとの鍵は使えなくなりますが、新しいスペアキーが手に入り、合鍵作成をすることが可能になります。

出張鍵屋に相談する

トラブルの状況・鍵の種類などを踏まえ急いで解決するなら、鍵屋さんに連絡するのがオススメです。

 

「合鍵から合鍵を作りたい!」という要望に最大限応えるために、レスキューインフォのスタッフも24時間体制で活動中です。

他店では断られた合鍵作成が当社では可能だったケースもあるため、まずはフリーダイヤルでオペレーターにご相談ください。

合鍵作成のお悩み相談もレスキューインフォが24時間いつでも承ります!

合鍵作成をする際の注意点やスペアキーとの違いなどを解説しました。

玄関の鍵をどうにかして複製したい…、金庫の合鍵を今すぐ用意したい時はいつでもフリーダイヤルまでどうぞ!

この記事をシェアする