2024/2/8 12:00

鍵の種類の違いとは?機能と防犯性・設置にかかる費用をプロが解説

鍵の種類の違いとは?機能と防犯性・設置にかかる費用をプロが解説

バラエティ豊富な「鍵」の種類・メリットをひとつずつご紹介します

鍵は、貴重品を盗難から守り、身の安全を確保するための重要アイテムです。

しかし、重要であるにもかかわらず、普段あまり鍵を意識する機会は多くありません。実際には、鍵はたくさんの種類があることをご存知でしょうか?

本ページでは、特徴のさまざまな鍵を種類別にご紹介します。鍵の取り付けられている場所や機能・設置するメリット・費用などを、鍵の専門家が解説していきます。この記事を通して鍵の違いを知り、身の回りにある鍵の役割を学んでいきましょう。

シリンダーの主な種類

「シリンダー」は、施錠・開錠を行う円筒形の部分のことです。

ここに鍵が差し込まれるため「鍵穴」と解釈しても大差ありません。シリンダーにもいくつかの種類があるので、ここではその代表的なアイテムをご紹介します。

ピンシリンダー

ピンシリンダー

まずはピンシリンダーです。

このシリンダーに対応している鍵は、鍵山の左右片側にギザギザとした加工が施されています。このギザギザが、鍵穴の中のピンを押し込むことで開錠できる仕組みです。

ピンが片側にしかないため、鍵の構造はシンプル。比較的安価に購入できるのがメリットで「こだわりはないから、とりあえず鍵を取り付けたい!」という方にはオススメの商品です。一方、鍵が無くてもピッキングで簡単に開けられるため、防犯性が低くなりがちなのが難点です。

最近では、防犯性の高いディンプルキーも普及しています。玄関の鍵にピンシリンダーを採用している方は、ディンプルキーへの交換がオススメ。安全な鍵に取り換えておくことで、暮らしの安心を守りましょう!

ディスクシリンダー

ディスクシリンダー

次にご紹介するのは、ディスクシリンダーです。

ディスクシリンダーの鍵は、ピンシリンダーのような鍵山が左右両方にあるタイプです。単純計算で倍の鍵パターンが作れるようになり、2000年代まで多くの住宅の玄関などに採用されました。

しかし、このディスクシリンダーも、空き巣犯のピッキング技術の向上によって安全性が低下。技術のある空き巣犯だと、ものの数分でディスクシリンダーをピッキングしてしまうようですから恐ろしいことですね。

2010年代には大手鍵メーカーもディスクシリンダーの生産を停止し、より安全性の高い鍵を販売するようになりました。玄関ドアや勝手口などにディスクシリンダーを使っているご家庭は、他の鍵への交換を検討しましょう。

ロータリーディスクシリンダー

ロータリーディスクシリンダー

ディスクシリンダーを改良して誕生したのが、ロータリーディスクシリンダーです。 鍵を一見するとディスクシリンダーと大差ありませんが、その違いはシリンダー側にあります。シリンダー内部に搭載された「ロッキングバー」という機構が、ピッキングの工具を差し込んだ時にロックされるため、本物の鍵以外での開錠が困難なのです。

防犯性の高さで知られるロータリーディスクシリンダーは、玄関などに取り付けるのもオススメ。鍵交換ならレスキューインフォが、24時間いつでもサポートいたします!

ディンプルシリンダー

ディンプルシリンダー

ピッキングに耐性のある鍵として有名なのが、ディンプルシリンダーです。 ディンプルシリンダーの鍵は、表面や側面の丸い凹みが特徴。これまでのような、鍵山がギザギザしていた鍵とは異なる見た目です。

丸い凹みの位置・大小や深さを変えることで、膨大な鍵違いパターンを生むことに成功しました。その複雑さから、ピッキングでの開錠も現状ではほとんど不可能。新築の住宅では、そのほとんどにディンプルシリンダーを採用する地域もあるほどです。

「安全性の高い鍵に交換したい…」という方には、このディンプルシリンダーの鍵をオススメします。レスキューインフォのフリーダイヤルで、いつでも鍵交換をご相談ください!

玄関や勝手口の鍵

ここからは、玄関や勝手口でよく見かける鍵をご紹介します。 普段何気なく使っている鍵にも名称があるので、ご自分の鍵はどれか確認してみましょう。

サムラッチ錠

サムラッチ錠

まずご紹介するのがサムラッチ錠です。 ハンドルの上部に親指サイズの金具があり、この金具を押し下げることで開け閉めする仕組みです。親指(サム)で金具を動かし、ラッチボルトを操作することからこの名が付きました。

サムラッチ錠にはヨーロッパ風の飾りが彫られていることが多いため「装飾錠」と呼ばれることもあります。設置費用は鍵の機能だけでなく、デザインにも左右されることがあります。 シンプルなデザインのプッシュプル錠が普及する前は、このサムラッチ錠が主流のタイプでした。古い住宅地を散策していると、玄関にサムラッチ錠を取り付けている住宅を多く見かけるでしょう。

インテグラル錠

インテグラル錠

丸いドアノブの表には「サムターン」と呼ばれるツマミが、裏には鍵穴があるのがインテグラル錠です。

ドアの側面を見ると、扉が勝手に開かないように動くラッチや、施錠時にドアから飛び出てくるデッドボルトがあります。これらが同じケースに入っているのもインテグラル錠の特徴です。

使い方が直感的に分かるため、不特定多数の方が訪れる施設などにもインテグラル錠は採用されています。ディンプルシリンダーだと比較的高価になり、ピンシリンダーなど簡易的なシリンダーはリーズナブルな価格で設置することができます。

プッシュプル錠

プッシュプル錠

戸建住宅やマンション・アパートなどの玄関に多いのがプッシュプル錠です。 プッシュプル錠は名前の通り、押し引きの動作でドアを開閉する仕組み。小さな力でドアを開けられるので、老若男女問わず利用しやすいのがメリットです。その分価格帯の幅は広く、デザインやシリンダーの種類によって上下します。

「握力が落ちてきていて、サムラッチ錠を開けるのが億劫になってきた…」「子どもが一人で開けやすい玄関の鍵に換えたい!」という方は、ぜひプッシュプル錠への交換をご検討してみてはいかがでしょうか?

掘り込み錠

ドアの側面に穴を開けて埋め込むのが掘り込み錠です。

掘り込み錠は、外開きや内開きのドアはもちろんのこと、引き戸にも設置できるというメリットがあります。

デメリットは、外部からのこじ開けに弱い点です。ドアにわずかでも隙間があると、その隙間からロック部分を破壊することが可能。どれだけピッキングに強いシリンダーであっても、鍵のロック部分を物理的に破壊されては意味がありません。 そのため、防犯性を高めたいという方には、次に紹介する「面付錠」をオススメします。

面付錠

面付錠

ドアの中に掘り込むのではなく、ドアの内側に露出する形なのが面付錠です。

その名前のように、ドアの面にピタッとくっついている様子をイメージするとよいでしょう。

面付錠のメリットは、外部からのこじ開けに強いことです。ロック部分(デッドボルト)が完全に室内側にあるため、ドアの外側からバールで破壊することは困難。住宅の補助錠として設置すれば、セキュリティをより確かにすることができます。

鎌錠

鎌錠

引き戸や引き違い戸では、鎌錠という鍵もよく見られます。

フックのような鎌状の金具が回転するようになっており、ストライクと呼ばれる受け座部分に引っかかることで施錠されます。構造がシンプルなため、住宅の玄関だけでなく、ガレージや物置などの鍵として使用されることもあります。

トイレや浴室など室内にある鍵

鍵は屋外だけでなく、トイレや浴室の出入り口に設置されることも考えられます。

そこで次に、室内にある鍵についてご紹介します。室内の鍵は、防犯目的ではなくプライバシーの確保を目的としているため、頑丈さよりも利便性・手軽さを重視した商品が多いという特徴があります。

表示錠

表示錠

まずは表示錠です。 鍵の使用状況が外から分かるように表示されており、赤が施錠・青が開錠を示していることが一般的です。いちいちドアノブをガチャガチャと動かさなくても、目で見れば鍵が掛かっているかどうかが分かるアイテムです。

表示錠は、トイレや浴室に多く設置されています。また、もしもドアの内側で人が倒れても救助できるよう、緊急時にはコインを使えば外から開けられる表示錠があります。

円筒錠

円筒錠

円筒錠は、上の項目で紹介したインテグラル錠と似ています。インテグラル錠との違いは、デッドボルトの有無。ドアの側面を見ると、ラッチとデッドボルトの2つがあるインテグラル錠に対して、円筒錠にはデットボルトがありません。

円筒錠を施錠すると、デッドボルトが飛び出す代わりに、ドアノブ自体が回らないように固定される仕組みです。デッドボルトがない分、安全性が低い商品も多いため、円筒錠をご使用の方は早く交換するのがオススメです。

間仕切錠

間仕切錠は、バスルームに設置されることの多い鍵です。

基本的な機能は表示錠と大差ありませんが、外から見て使用状況が分かるような表示窓がないという点で区別されています。

こちらの鍵もコインで開け閉めできるタイプが一般的。プライバシーを守りつつも、災害時や緊急時には外から開けられた方がよい場所に、間仕切錠を設置するのがよいでしょう。

窓の鍵

次に、窓の鍵に目を向けてみましょう。

玄関や勝手口とは異なり、窓の鍵は外からの操作ができないのが一般的。内側から開け閉めする窓には、主にグレモン錠やクレセント錠が採用されています。 わずかに違いのある2つの鍵について、それぞれご紹介していきます。

グレモン錠

まずはグレモン錠です。 グレモン錠は、レバーハンドルを90度回すことで開け閉めできる鍵です。

このタイプの鍵は、一般の住宅よりも公共施設や商業施設などで見かけることが多いでしょう。

グレモン錠の鍵を閉めると、窓がピタッと閉まることを実感できます。建物の気密性を高めるほか、防音性にも優れているので、工場やカラオケ店・飲食店など騒音の激しい場所でもよく使われています。

クレセント錠

クレセント錠

窓に採用されるもう一つの鍵に、クレセント錠があります。

クレセント錠は、場合によっては先ほどのグレモン錠と区別しないこともありますが、三日月(クレセント)形の金具があるという点で見分けられます。

一般的な住宅では、窓にクレセント錠を採用することが増えています。

なお、クレセント錠は窓の防音性・気密性を高めるための道具です。「鍵」と呼べるほどの防犯性が期待できないタイプもあるため、補助錠を取り付けるなどの防犯対策を怠らないようにしましょう。

ポストの鍵

次にご紹介するのはポストの鍵です。 「ポストにも鍵を取り付けるの?」と疑問の方もいらっしゃいますが、個人情報が記載された手紙などが投函されるため、ポストのセキュリティも油断できません。

ダイヤル錠

ダイヤル錠

ダイヤルを動かして正しい暗証番号に合わせれば開けられるタイプで、鍵を紛失するリスクがないのが魅力の商品です。マンションやアパートなどの集合住宅では、郵便ポストがエントランス部分にまとめて設置されており、それぞれに異なるダイヤル錠が取り付けられていることがあります。

ダイヤル錠は暗証番号を忘れたり、開ける手順が分からなくなったりするケースがあります。うまく鍵が開かない場合には、管理会社や出張鍵屋に相談しましょう。

南京錠

南京錠

ダイヤル錠のほか、ポストには南京錠を取り付けることもあります。

南京錠は、鍵を差し込む錠前部分と、U字型のツル部分から構成されていて、ツル部分をひっかけられる場所ならどこでも施錠できます。

取り外しができる南京錠は、100円ショップでも購入できるので、その手軽さが大きな魅力です。一方、鍵を紛失するリスクがあるので、外した鍵はきちんと場所を決めて管理するようにしましょう。

自転車の鍵

ここからは自転車の鍵についてご紹介します。自転車の鍵は後輪上部に取り付けられていて、タイヤが回らないようロックするのが基本。ディンプルキーやワイヤーロックなどもありますが、ここでは自転車に特化している暗証番号錠とプレスキーをご紹介します。

暗証番号錠

暗証番号錠

正しい暗証番号を押して入力するのが暗証番号錠です。

自転車の購入時にもともと取り付けられていることが多く、鍵を失くす心配がない点が人気です。一方で、総当たりで番号を入力すればいつか開けられるため、複数の鍵を取り付けることが窃盗対策として求められます。

プレスキー

プレスキー

薄い鍵を差し込み、押し込むようにして開けるのがプレスキーです。 古くから自転車の鍵として親しまれているプレスキーは、比較的安価に取り付けることができます。

一方で、針金やアルミ缶などを使用することで、ピッキング被害に遭うケースもあるので要注意。窃盗から自転車を守るためには、ディンプルシリンダーなどの鍵に交換しておくと安心です。

車の鍵

自動車から離れている時間にも、盗難から守ってくれるのが鍵の役目。 ここでは車の鍵として、物理的に鍵穴へ差し込んで使うウェーブキーのほか、遠隔で操作できるリモコンキー・スマートキー・イモビライザーキーをご紹介します。

ウェーブキー

ウェーブキー

鍵の表面に波のような刻み加工が施されているのがウェーブキーです。 ウェーブキーは複製が難しいほか、ピッキングで不正に開けることも困難。そのため、防犯性が求められる車やバイクなどの鍵に最適とされています。

最近では、リモコンキーやスマートキー・イモビライザーキーなど、遠隔操作できる車の鍵も増えています。しかし、電池切れや電波不良など、万が一のトラブルがあったときに対処できるよう、これらの鍵にはウェーブキーも内蔵されています。

リモコンキー

リモコンキー

鍵の表面に付いているボタンを押せば開錠できるのがリモコンキーです。

テレビやエアコンのように、遠隔で開け閉めできる点が非常に便利なリモコンキーは、自動車の鍵として広く普及しました。

鍵をいちいち差し込む必要がない便利さの反面、鍵を車の中に閉じ込めてしまう「インロック」が起こる恐れがあります。こうなると車内から取り出せなくなってしまうので、リモコンキーを持ったかどうかをきちんと確認する習慣を付けましょう。

スマートキー

スマートキー

リモコンキーがさらに進化したのがスマートキーです。 スマートキーの魅力は、鍵のボタンを押さなくても操作が可能なところ。スマートキーを持った状態なら、車のドアレバーを引くだけで開錠することができます。雨が降っている日や買い物後など、両手がふさがっているシーンでは、特に重宝されています。

一方で、スマートキーを搭載する自動車を狙った「リレーアタック」という手法での窃盗被害も増えています。鍵の管理方法など、自分で対策できることを確認しておきましょう。

イモビライザーキー

「イモビライザー」とは、車の防犯システムのことを指します。 車体と鍵のそれぞれにIDが設定されており、双方のIDが一致しないと操作できない仕組みです。

自動車のイモビライザーキーは、車のドアの開け閉めのほか、トランクの開錠・エンジンの始動にも必要で、自動車窃盗の被害を防ぐのに有効な機能です。

イモビライザーキーの開錠や複製は、車体の年式やシステムによって費用にバラつきがあります。出張鍵屋に連絡し、あらかじめ見積もりを出してもらうと安心です。

オフィスや商業施設にある鍵

最後に、オフィスや商業施設の鍵をご紹介します。 住宅と違って、不特定多数の方が利用するオフィスや商業施設では、鍵にも一層の防犯性と使いやすさが求められるものです。

バイオメトリクス錠(生体認証錠)

バイオメトリクス錠(生体認証錠)

バイオメトリクス錠は、指紋や手形・顔などの目に見える情報や、静脈・網膜など見えにくい情報を読み取ることで、人を識別するシステムです。

鍵を持ち歩かなくても開錠できるほか、第三者が不正に侵入することが難しいので、オフィスのエントランス・社外秘の金庫・勤怠管理などに多く用いられています。

読み取り部分の手入れやシステムのメンテナンスが必要なため、普通の鍵より高価なバイオメトリクス錠が多くなっています。しかし近年ではリーズナブルな商品も販売されており、一般の住宅でも普及しつつあります。

カードキー

カードキー

ICカードを使って開錠操作を行うのがカードキーは、古くからビジネスホテルでは客室の鍵として用いられていましたが、近年はオフィスのエントランスにも多く使用されつつあります。

カードは、差し込み口に挿入して認識させるほか、最近では読み取り部にタッチするだけで開錠できる商品も増えています。首から下げる社員証の裏に入れておけば、いちいち取り出さなくても済むのが魅力ですね。開錠のときに難しい操作が必要ない点や、薄くて管理しやすい点が支持されています。

レスキューインフォが鍵の特性を最大限に生かせるようサポートします

ここまで、さまざまな種類の鍵についてご紹介しました。

千差万別な鍵だからこそ、自分の用途や目的に合った商品を選ぶことが重要です。レスキューインフォでは、鍵アイテムに精通したスタッフが24時間体制で活動中。「家の鍵を取り換えたいけれど、どんな鍵にするのがいいか分からない…」「玄関の鍵を生体認証錠にしたい!」などのご相談も、昼夜を問わずフリーダイヤルで承ります!

この記事をシェアする