2024/1/19 12:00

カテゴリ

鍵が抜けないトラブルを自分で解決する方法・費用やNG行為をプロが解説

鍵が抜けないトラブルを自分で解決する方法・費用やNG行為をプロが解説

鍵が抜けない!自力で鍵を抜くコツやトラブルを予防する方法とは?

毎日使っている鍵は、暮らしの安心を守る大切な道具です。

しかし、ある日突然「鍵が抜けなくなった!」というトラブルに見舞われることも。鍵穴に溜まったゴミや潤滑剤の減少が原因で、鍵が抜けなくなることがあります。

そこで本ページでは、引っかかってしまった鍵の抜き方をご紹介。スムーズに自力で抜く方法や、危険なので避けるべき鍵の抜き方を解説します。また、鍵が抜けないトラブルの予防法・鍵の除去を鍵屋に依頼した時の費用についても合わせてご案内します。

鍵が抜けないトラブルを自力で解決する方法

では早速、鍵が抜けないトラブルの解決方法をご紹介しましょう。

自力で鍵を抜くためには、主に以下の4つの方法が挙げられます。どれも簡単な方法ですが、うまくいかない場合には鍵屋に相談するとよいでしょう。

鍵を時計回り・反時計回りに動かす

鍵を時計回り・反時計回りに動かす

錠前製品の中には、差し込んだ鍵をまっすぐ引き抜けない仕様の商品がありまが、、決まった方向に回しながら引くことで鍵が抜けます。このことを忘れて鍵をただ引っ張っていても、残念ながら抜けることはありません。

まずは時計回りや反時計回りに鍵を回しながら、抜くことができないか試してみましょう。

鍵を軽く揺らしながら引き抜く

鍵を軽く揺らしながら引き抜く

次に試すのは、鍵を軽く揺らしながら引き抜くことです。

鍵穴の中の潤滑成分が不足していたり、ゴミが溜まっていたりすると、鍵が抜きにくくなります。上下左右に軽く動かしてみると、徐々に鍵が抜けてくることがあります。

強く鍵を動かすと、鍵が折れたり曲がったりする恐れがあるので要注意。あくまでも軽く動かして、鍵や鍵穴の中を傷付けないように気を付けましょう。

掃除機やエアダスターで鍵穴内のゴミを取り除く

掃除機やエアダスターで鍵穴内のゴミを取り除く

鍵穴の中にゴミがあると、基本的には鍵を奥まで差し込めません。

しかし、何らかの理由で鍵が奥まで差し込めた場合、その鍵が抜けなくなることがあります。このときには鍵穴と鍵の隙間に掃除機を近付け、内部のゴミを取り除きます。掃除機がない場合にはスプレー式のエアダスターで代用しましょう。

潤滑剤や潤滑スプレーを鍵と鍵穴の隙間に差し込む

潤滑剤や潤滑スプレーを鍵と鍵穴の隙間に差し込む

掃除機やエアダスターを使用しても鍵が抜けないなら、潤滑剤で鍵の滑りを良くするのが効果的です。

鍵と鍵穴の隙間に潤滑スプレーのノズルを当て、鍵穴の内部に潤滑成分を吹き込みます。軽く鍵を動かして馴染ませ、滑りが良くなれば鍵がスルッと抜けるでしょう。

なお、潤滑スプレーの中には鍵に使えない商品もあります。鍵に使用できないスプレーを吹きかけると、鍵穴の内部でスプレーの成分が固まり、かえって抜きにくくなる恐れがあります。

自分では鍵が抜けない時のNG行為

ここまで、自分で鍵を抜く方法をご紹介しました。

「何としてでも自力で鍵を抜きたい!」という気持ちから、鍵を傷付けたりトラブルを悪化させたりする行為には気を付けなければなりません。ここでは、鍵が抜けない時のNG行為を4つ紹介します。

強引に鍵を抜こうとする

強引に鍵を抜こうとする

抜けない鍵を無理やり抜こうとすると、鍵が折れたり曲がったりする可能性があります。そして、鍵穴の中や錠前の部品などを傷付ける恐れもあります。

いずれも自力では解決が難しく、専門業者に合鍵を作ってもらったり、鍵ごと交換してもらったりする必要があります。トラブルの被害を大きくしないためにも、強引に鍵を抜くのは避けましょう。

鍵に対応していない潤滑剤を使用する

鍵に対応していない潤滑剤を使用する

鍵に対応していない潤滑スプレーがあることは、先に紹介した通り。

鍵穴の中は湿気や水気に弱いため、このような潤滑スプレーを使用すると、サビ付きや故障の原因になります。また、鍵穴の内部でスプレーの成分が凝固したり、ゴミを押し固めたりするリスクもあります。

必ず、鍵に対応している潤滑スプレーを選んで使用しましょう。また、鍵穴用ではない潤滑スプレーを使ってしまったら、鍵屋に鍵穴洗浄を依頼することもできます。

鍵穴に水を注ぐ

鍵穴に水を注ぐ

上でもお話しした通り、鍵の弱点は水気です。

鍵穴の中に水を注ぐことによって、鍵や鍵穴の中がサビ付く恐れもあります。鍵穴の中の水気を拭き取ることは、専門業者によってシリンダーを分解しない限りは不可能。鍵穴を濡らす行為は大変危険なので、滑りを良くするためなら、鍵用の潤滑スプレーを使用しましょう。

針やピンセットなどを鍵穴へ差し込む

針やピンセットなどを鍵穴へ差し込む

鍵を抜くために針やピンセットを差し込むのもNG行為です。

針やピンセットが鍵穴の中で折れてしまい、鍵と一緒に抜けなくなる可能性があるからです。鍵穴に差し込むのは潤滑スプレーにとどめて、それでも抜けない場合には鍵屋のスタッフに相談しましょう。

自分で鍵が抜けない場合の対処法

鍵が抜けないと、施錠や開錠ができなかったり、その場から離れられなかったりするもの。一刻も早く鍵が抜けないトラブルを解決するためにはどうすればよいでしょうか?<\

鍵を抜く作業や新しい鍵の作成は出張鍵屋に依頼できる

出張鍵屋へ連絡すれば、鍵を抜く作業のために駆け付けてくれるので安心です。また、鍵屋によっては新しい鍵の作成・錠前の交換なども合わせて依頼できます。

レスキューインフォは24時間体制で、抜けなくなった鍵の除去に対応中。鍵の複製や交換作業など、鍵のトラブル全般に出張しています。

作業のご相談は昼夜を問わず、フリーダイヤルまでどうぞ!

②10年以上使用し、鍵が古くなっている

錠前を製造するメーカーの団体である日本ロック工業会は、鍵の耐用年数を10年(電気錠については7年)と定めています。(参照:錠の耐用年数についてのガイドライン)

耐用年数を超えた鍵は製品の寿命を迎えているので、異常がなくても交換することを推奨しています。

鍵が抜けなくなりやすい場所

鍵の抜き方やNG行為・自力では抜けなかった場合の処置をご案内しました。

ここからは、身の回りの鍵が抜けなくなりやすい場所について個別にご紹介します。

玄関

毎日使う玄関の鍵は、使用頻度が多い分トラブルも頻発中。抜けなくなると外出できないので、一刻も早く解決したいものです。

トラブルを予防するためには、鍵穴のメンテナンスを怠らないようにしましょう。玄関の鍵穴のクリーニング・潤滑剤の塗布や、錠前の交換などもレスキューインフォが承ります。

自動車

自動車は、鍵を遠隔で操作する方が増えています。

しかし、イモビライザーキーの電池切れ・電波不良など、いざという時に鍵を差し込む機会があります。長く差し込んでいなかった鍵は、潤滑剤が減っていたり鍵穴にゴミが溜まったりしがち。レスキューインフォでは車の鍵のメンテナンス・鍵の除去作業にも対応しています。

バイクや自転車

バイクや自転車の鍵は比較的小さいため、鍵穴に溜まったわずかなゴミがトラブルの原因になります。

小さな鍵だからこそ、定期的なメンテナンスが必要。レスキューインフォでは、バイクや自転車の鍵も丁寧にメンテナンスします。もちろん、抜けなくなった鍵のトラブルもご相談ください!

シャッターや倉庫

シャッターや倉庫・物置の鍵は抜けなくなりがちですが、放置していると誰でも開けられてしまい大変危険。定期的に潤滑スプレーを差したり、鍵穴の汚れを取り除いたりする必要があります。

レスキューインフォには鍵のメンテナンスのご相談も多数寄せられています。鍵が抜けない時はもちろんですが、もしも「シャッターの鍵の調子が悪い!」と気が付いたら、そのときにもフリーダイヤルでご相談ください。

金庫

通帳や印鑑など貴重品を保管する金庫も、鍵が抜けなくなることがあります。

玄関や自動車と肩を並べるほど、鍵の性能が高い金庫が多数。レスキューインフォできちんとトラブルの根本から解決することで、鍵が抜けないトラブルの再発を防ぎましょう。

鍵が抜けないトラブルを予防する方法とは?

鍵が抜けなくなるトラブルは想像以上に厄介なもの。

では、そんなトラブルを未然に防ぐためにはどうすればよいでしょうか?

掃除機で鍵穴の中のゴミを取り除く

掃除機で鍵穴の中のゴミを取り除く

鍵穴の中にゴミがあると、鍵が抜きにくくなります。

このような事態を防ぐため、掃除機やエアダスターを使って鍵穴を掃除するのがオススメ。鍵穴に掃除機のノズルをかざし、内部の細かなゴミを吸引します。掃除機がない場合やコードが届かない場合には、エアダスターでゴミを吹き飛ばしましょう。

これらの方法は、錠前メーカーも推奨する鍵のお手入れ方法です。特に玄関や物置など、屋外に面した鍵穴はゴミが溜まりがち。定期的にメンテナンスして、鍵が抜けなくなることを予防しましょう。

鍵を磨いて汚れを落とす

鍵を磨いて汚れを落とす

鍵穴だけでなく鍵の表面に汚れが付いている恐れもあります。

鍵の表面の汚れは、古くなった歯ブラシで落としていきましょう。ギザギザしたディスクシリンダーキーであれば、鍵山の間の汚れもていねいに落とします。丸い窪みのあるディンプルキーは、凹みの部分に汚れが溜まりやすいので重点的に掃除しましょう。

ある程度汚れが落ちたら、乾いた布で汚れを拭き取りましょう。鍵を濡らすと錆び付きの原因になるので、水は使わずにお手入れすることが重要です。

潤滑剤を鍵や鍵穴に吹きかける

潤滑剤を鍵や鍵穴に吹きかける

鍵穴や鍵の汚れを落としたら、潤滑スプレーを吹きかけておきましょう。

潤滑スプレーは、ホームセンターやネットショップなどで取り扱いがあります。様々な用途の商品があるため、必ず「鍵に対応しているか」を確認してから購入するのがポイントです。

潤滑スプレーを使用することで、鍵をなめらかに抜き差しできます。また、差し込んだ時に鍵へかかる負荷が減るので、鍵を傷めずに長く使うためにもオススメです。

鉛筆の黒鉛を鍵の表面に付ける

鉛筆の黒鉛を鍵の表面に付ける

鍵用の潤滑スプレーは、鉛筆の黒鉛で代用することもできます。

そのやり方は、鍵の表面を全体的に鉛筆で軽くなぞるだけ。黒鉛に含まれる成分が潤滑剤の役割を果たしてくれるので、鍵穴に差し込むと滑らかさを実感できるはずです。

鍵が触れた場所を汚してしまう恐れがあるので、余分に付けすぎた黒鉛は軽く拭きとっておきましょう。

劣化が進んだ鍵は新しいものに交換しておく

鍵の寿命は一般的に10年だと言われています。

この期間を超えた鍵は、どんなに大切に使っていてもかなり劣化が進んでいるので、ある日突然抜けなくなる等のトラブルが起こっても仕方ありません。

古くなった鍵は、新しいものに交換しておくことがオススメ。錠前や鍵の交換作業も、レスキューインフォが365日いつでも対応しております。

鍵を抜くためにかかる費用

鍵を抜く作業で、気になるのは「どれくらいの料金が必要なの?」というポイント。

そこで最後に、鍵を抜くためにかかる費用について解説します。

自分で鍵を抜く場合

自分で鍵を抜くときには、特別な費用はかかりません。

エアダスターや潤滑スプレーは数百円から千円程度で購入できるので、安価に鍵を抜きたい場合には、自力で抜けないか試すのがオススメです。

しかし、強引に抜こうとすると鍵を壊す恐れがあります。その場合には修理費用が高く付いてしまうので、無理やり鍵を抜くのは避けましょう。

業者に依頼して鍵を抜いてもらう場合

次に、鍵を抜く作業を業者に依頼する場合です。

この場合には、どんな作業で鍵を除去するかによって費用が異なります。工具で簡単に鍵が抜けるケースや、シリンダーごと外さなければ鍵が抜けないケースなどさまざまです。

また、錠前交換・合鍵作成などの作業を合わせて実施するかどうかによっても、費用には差が生まれます。まずは鍵屋に相談し、見積もりを出してもらうのがオススメです。

レスキューインフォが鍵の抜けないトラブルにも24時間対応中!

レスキューインフォでは、鍵が抜けない厄介なトラブルのご相談も承っております。

24時間365日いつでも、腕利きのスタッフを現場へ派遣いたしますので、お困りの際にはフリーダイヤルでお気軽にご相談ください!

この記事をシェアする